SEO対策とは?|サイト運営・集客の基本


SEOとは 

多くのユーザーをサイトに集める「集客」を最適化する方法の一つとしてSEOというものがあります。SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。 つまり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に自らのウェブサイトが上位に表示されるようにするための対策のことを指します。

サイトを内容の充実した良質なものにすることがSEOの基本ですが、技術的な工夫が必要な場合もあります。

みなさんは何かをインターネットで検索したとき、一番上に表示されているサイトを最初に見るのではないでしょうか。このように、表示順が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、SEOは、ウェブサイトの集客には欠かせないものとなっています。

また、多くのサイトでは検索エンジンからの流入が最も多く、改善の効果も大きいので、集客施策のなかでも最初に着手すべきものだとも言えるでしょう。

企業の場合、こうしたことがうまくいけば、ユーザーに自社の商品・サービスを目に触れてもらう機会を増やすことにつながります。 

 

検索結果順位の決定方法

検索結果の表示順はGoogleなどの検索エンジンを運営する企業によって独自に決められています。 ただし、無数にあるサイトを人間の手で一つ一つ精査して表示順を決定するのは不可能なので、こうした順番は機械的にアルゴリズムによって計算されています。その方法は非公開とされていますが、例えばGoogleだと表示順の決定には、できるだけ良質なサイトを上位表示できるように200以上の要素が参考材料として使われていて、しかも、評価基準には年間で何百回もの変更が加えられていると言われています。

 

SEOのメリット・デメリット

SEOには他の集客施策と比べて以下のようなメリットがあります。

〈メリット 〉

・低コストで行える

SEO対策のためにサイトを修正するなどコストがかかることはかかりますが、検索結果画面に掲載されること自体は無料なので、他の集客施策よりも安価に集客最適化を行うことができます。 

・一定の流入が長期間見込める

検索結果画面には掲載期間のような期限が決められていないので、掲載順位が大幅に下がらない限り一定量の流入が見込めます。特に、多くのユーザーが利用する検索ワードで上位に表示されるようになれば、サイトにとって大切な流入源になります。

・コンバージョン率が高い

ユーザーはもともとその検索ワードに興味を持っているため、検索エンジンから流入したユーザーのコンバージョン率(サイトの訪問者数のうち、サイトの目標とされる購買や会員登録などの成果に結びついた割合)は、他の経路から流入したユーザーのそれよりも高いと言えるでしょう。つまり、検索エンジンを最適化することでコンバージョン率を効果的に伸ばすことができるのです。 

一方で、SEOには以下のようなデメリットを挙げることもできるでしょう。 

〈デメリット〉

・短期間では効果が出にくい

検索結果画面の掲載内容は検索エンジン側が自動的に変更するため、サイトを改善してもすぐにその内容が反映されません。通常は、内容が反映されるまでに数週間から数か月かかると言われています。そのため、短期間で大量の流入が必要な場合は別の集客施策を行う必要があります。

・コスト計算が難しい

検索結果画面への掲載自体は無料ですが、サイト改善などコストが多少かかることは先ほど挙げた通りですが、実際の作業量とその効果が測定しにくいので、広告のように事前にコストを計算することが難しいとされています。

・検索エンジンのロジック次第

掲載順位の算出方法は検索エンジン側のロジックに依存するため、確実に掲載順位を上げる方法がないとも言えます。また、計算方法が変更されて急激に掲載順位が下がる可能性もあるかもしれません。 

ただし、このようなデメリットはあくまで「挙げるとすれば」といった程度のものであり、SEOの有用性は揺らがないと思います。

みなさんもぜひSEOを行ってもっと多くの人に自らのサイトを知ってもらいましょう!